« 額づくり | トップページ | 青の中の顔 »

爽やかな風

空を丹念に磨いている。月の縁や雲の間に砥石をかけるのが難しい。砥石はだんだん角が取れて丸くなるから深い溝の底になかなか届かないのだ。砥石の当たり方がムラになるから細かいスジが残ってしまうのをコリコリしつこく擦り落としていく。足元に石と砥石の両方から出る粉が降り積もるばかりで、ときどき刷毛で払い落としては、ゆっくりとしか変わらない石の色を眺めて過ごす。

今日も風がよく吹いていた。爽やかな空気がやさしい月を引き出した。外に出たらレリーフとは逆向きの月が西の空にぼんやり光っていた。雲が広がっているようだ。今夜は星はなし。(K)

Dscn0180

|

« 額づくり | トップページ | 青の中の顔 »

大理石を彫る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 額づくり | トップページ | 青の中の顔 »