« コントロール | トップページ | 目で見る心で見る »

裏側から見えるもの

グラインダーで後頭部の髪の量を減らした。ハンマーの振動には耐えられない細さになっている所にだけ使う。この石は柔らかくて彫りやすいのだけれど大理石の中では脆い方だ。久しぶりの機械仕事で左脇腹の筋肉がピクピクした。機械は体に堪えるようだ。手作業に戻ったら突っ張りはやがて取れた。

裏側を彫っている間は、ほとんど表に回って見ることはない。今夜は最後に石の粉を払い落としてグルリと180度回転させ、3人と1匹の顔をしばし眺めた。皆凛々しく微笑んでいるのが良かった。いい彫刻になって来た。(K)

Dscf8427

|

« コントロール | トップページ | 目で見る心で見る »

大理石を彫る」カテゴリの記事