« 樹木の女 | トップページ | 根幹 »

文化、美、エロス

贅沢なフランス料理を学生に食べさせて映画作りの知識を教えようとした映画監督がいたそうだ。
僕も若い頃に本物の絵を描くには芸者遊びも知らなくてはと信じてた時期があった。うちの奥さんだってそうらしい。彫刻教師に女体のエロスを知るならいつも見てるモデルなんかんじゃなくストリップを観て来いと言われて日劇ミュージックホールに出かけたそうだ。
僕の場合はただ頭で考えてただけだが彼女は実際に行動に移した所が違う。結果は「?」だったらしいけども。
だいたいくだらない考え方なんだよ。溝口あたりの芸者映画観た方がずっと為になるんじゃなかろうか?一回くらいフランス料理のフルコース食べてそれでヨーロッパ文化の深みを知る?ストリップにエロスは分かるけどそれと彫刻との関係は?
その人個人の美意識や文化論を創作全体の真理のごとくに語るのはやめて欲しいな。(画)
Dscf8395

|

« 樹木の女 | トップページ | 根幹 »

版画」カテゴリの記事