« 雲の必然 | トップページ | 光の棒 »

裸体

古代から美術には人の裸体が頻繁に出てくる。男性像よりも女性像の方が多いと思えるが、特に近代になるとその傾向は顕著で圧倒的だ。
僕は学校を出てからは一度もヌードモデルを前にして描いていない。必要性がなかったからだし見なくても人の裸くらい描けるさと高を括ってもいた。果たしてそうだったかどうか?
最近流行りの乳房がやたらに大きい女性は好きじゃない、少なくとも描く気はしない。尻は大きかろうが小さかろうが後ろについているのが美しいのだ。前についてたら奇形でしょ。イヴィッチという人は美や生き方に鋭敏で時に身勝手なほど神経質な女性だから乳房は大きくない。(画)
Dscf8251

|

« 雲の必然 | トップページ | 光の棒 »

あぶらえ」カテゴリの記事