« 春に彫る | トップページ | 物語を削り落とす »

男性的?女性的?

絵を描くという事はテーマを決めたら方法を決め課題をこなして仕上げるという男性的な行為なのだとピカソは言ったそうだ。ボナールを引き合いに出し、彼は計画もなしで始め思いつくままに描き続け、いつ終わるとも知れぬ女性的でだらしない描き方をしているからダメだと。正に耳の痛い話でもあって度々浮かぶ言葉ではあるのだが、今日はふと逆の発想が浮かんだ。そこにピカソの可哀想なところがあるなという。いつまでも一枚の絵を描き続けることの幸福感が彼にはなかったんだなと。
↓絨毯を全体的に修正しようとしている。(画)
Dscf7199

|

« 春に彫る | トップページ | 物語を削り落とす »

あぶらえ」カテゴリの記事