« 蛇のような手→白魚のような手 | トップページ | 天的なスフィア »

予期

あれは全く想像していなかったことだったのだ。飼っていた猫が僕の膝に乗ろうとしたが乗れず床に落ちて絶命した時、それまで僕はまさか彼が死ぬとは思っていなかった。だからこそ驚きと悲嘆がとめどもなかったのだ。あの黒い猫が僕らの呼びかけや抱擁に何の反応もしない時が来ると思っていなかったのだろうか?父の死も母の死も予期していたのに。(画)
Dscf6280

|

« 蛇のような手→白魚のような手 | トップページ | 天的なスフィア »

あぶらえ」カテゴリの記事