« 香りを彫る | トップページ | 蛇のような手→白魚のような手 »

不自由な描き方

最近はよくペンティングナイフを使って描く。その一番の理由は「思い通りに描けない」ことだ。ある線や色面をイメージしたとしてその通りに描ける道具を選びたくなるのは画家の当然の心理だ。でも僕の場合少しそれでは不満なのだ。いい筆(最適な筆)よりも細かいことがうまくできない尖ったナイフを選んでいる。思い通りに描けたとしてもそこに見るのは何かが決定的に足りない自分だという元も子もない結果を見続ければ…。むしろ「できない」故に「できる」と考えたくなるではないか。決定的な筆を入れるには場が育っていない。(画)
Dscf6268

|

« 香りを彫る | トップページ | 蛇のような手→白魚のような手 »

あぶらえ」カテゴリの記事